一般教養(リベラル・アーツ)をウィキペディアで学ぶ

キーワードフォルダのトップページを、ウェブ百科事典であるウィキペディアで一般教養(リベラル・アーツ)を学べるようにリニューアルしました。キーワードフォルダとは、弊社が開発しているウィキペディア専用の検索エンジンです。 >> キーワードフォルダ

キーワードフォルダで学べる一般教養とは、西洋の文脈での教養いわゆるリベラル・アーツを指し、現代日本社会の土台となっている基礎知識です。リベラル・アーツとは、自由の技術、つまり、学ぶことで自らと他者の可能性、自由を広げることのできる知識を意味し、西洋の伝統においては、大学の教養過程で学ぶ学科を指します。明治期、旧制高校や旧帝大の学生さんたちが一生懸命、読んでいた類の本と言えば分かりやすい方も多いかもしれません。どの知識も嘆息するほどに洗練され、理解し、身に付けるには多大の労力を必要とします。しかし、その入り口を知っていることは、この社会で生きて行くために必要なことばかりです。考える力を磨くことにもなります。具体的には、重要かつ必須の項目を列挙すると、道徳と宗教に対する理解、論理に対する理解、数学と科学に対する理解、法律に対する理解、文章と語学と議論の能力などです。どのような考え方にもとづいて知識が選ばれているかは、なぜ学び、何を学び、どう学ぶのかをお読みください。

スマホでもタブレットでも読みやすくしてあるので、時間の空いた時に思い出して、少しづつ読み進めることができます。高校生や大学生など、時間を掛けてきちんと学ぶことのできる方は、ウィキペディアが「誰でも書き込めるウェブ百科事典」であることに注意して、紹介されている参考文献(原典)を読むようにしてください。もし、高校生(中学生)の間にこれらの本に触れる機会があれば、学力は自ずと伸び、視野もひらけ、進路選択にも役立ち、将来の生活の基礎となる学びになります。難しくても諦めずに、理解しようと取り組むことが大切だと思います。挑戦してみてください。

例えば、こんな質問に答えられることを目標としてみてください。
・世界でイスラム過激主義が問題となっています。では、なぜイスラム過激主義者は欧米やキリスト教社会を敵視するのでしょうか。そもそも、キリスト教とイスラム教の異なるところ、同じところ、その関係性はどうなっているのでしょうか。
・道徳と宗教の違いは何でしょうか、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教、神道、儒教の異なるところ、同じところはどこでしょうか。
・君の発言は論理性に欠けると言われました。では、論理とは何なのでしょうか。国語の先生が小論文で解説する論理と数学の先生が解説する論理は違う気がしますが、なぜですか。法律や科学も論理が大切と言われますが、すべて同じことを言っているのでしょうか。
・自分は文系なので、数学がどう社会の役に立っているか分かりません。とくに大学で習うような抽象的な数学は、どのような場面で用いられているのでしょうか。
・自分の考え方は、あるときは論理的じゃないと批判され、あるときは科学的じゃないと批判されます。二つの言葉に違いはあるのでしょうか。
・自分は理系ですが、法律がどのような場面で必要になるのか、今いち分かりません。とくに最近の憲法、安保法制、特定秘密法、共謀罪などの議論で、なぜ論争が起こるのでしょうか。
・私は会社員ですが、友人が脱サラしました。事業運営には、会計と法律の知識が必須だと言っていましたが、会計が必要なのは分かりますが、法律知識もそれほど必要なのでしょうか。
・文系、理系と分かれてしまう日本社会はイノベーションを起こしにくいと聞きました。そもそも、幅広い知見や多様性がどうしてイノベーションに必要なのでしょうか。