英語を学ぶ必要性と勉強方法

英語の必要性

大学生時代、塾の講師をしていて、学生から「英語なんて使わないし、勉強する必要ない」と言われ、「いつか使うよ」としか答えられなかった記憶があります。今ならどう答えるでしょうか。

英語は世界の共通言語になっており、世界は互いに近づきつつあるのだから、どんなことをするにしても英語が必要になります。逆に英語を習得しさえすれば、世界の共通の土台に立つことができる、非常に習得する価値の高い言語といえます。中世の漢学、西洋のラテン語、仏教のサンスクリット語、イスラムのアラビア語のようなものです。学問をするには必須であるし、そうでなくとも現在進行形の世界共通言語として、日常生活においても身近な言語になっています。

英語の勉強法

基本的には、先に紹介した国語の勉強法と同じです。しかし、多くの日本人にとって第2カ国語である英語は、子供の頃から使っている言語ではなく、日常で使っている言語でもありません。そのため、基礎学習に重点をおくべきです。つまり、辞書を引いて語彙を増やすこと、聞き取りや発音を身に付けること、綴りや文法を学習することです。第2カ国語については、この基礎学習の量が何よりも習得に必要なことだといえます。例えば、文章付きの単語帳を発音に気を付けて反復して音読する等の学習は効果があります。

国数英、どの教科でもどんな仕事でも同じですが、分からないことを調べる習慣がある人は自然と学習が進みます。英語については、辞書をこまめに引く習慣をつけることが大切です。インターネットには英辞郎という便利な辞書もあります。Oxford Dictionariesのような英英辞典を使うのも勉強になります。

目次
なぜ学び、何を学び、どう学ぶのか
1.道徳と宗教
2.現代社会の文化と文明
3.学問と論理、とくに科学と法律
4.国語と数学と英語
5.対象と関係、関係論理

公開日時:2014年9月11日
修正日時:2017年3月22日 「目次」を追加。
最終修正日:2017年3月22日