一般教養(リベラル・アーツ)をウィキペディアで学ぶ

ウェブ百科事典であるウィキペディアで一般教養(リベラル・アーツ)を学ぶ。リベラル・アーツとは、自由の技術、つまり、学ぶことで自らと他者の可能性、自由を広げることのできる知識を意味し、西洋の伝統においては、大学の教養過程で学ぶ学科を指します。

国語と数学を学ぶ必要性と勉強方法

国語と数学が現代社会において、どのような役割を果たしているかを説明し、その上でその勉強方法を詳しく解説します。国語は考える力の基礎であり、数学は科学の基礎です。国語は、字をきれいに書く、語彙を増やす、良書を読む、作文を学ぶこと。数学は、理解を問い直す、繰り返し問題を解くことが重要です。

英語を学ぶ必要性と勉強方法

英語は世界の共通言語になっており、どんなことをするにしても英語が必要になります。基本的には、国語の勉強法と同じですが、基礎学習に重点をおくべきです。つまり、辞書を引いて語彙を増やすこと、聞き取りや発音を身に付けること、綴りや文法を学習することです。この基礎学習の量が何よりも習得に必要なことです。